つわりがひどい時の対処法007

つわりがひどい時の対処法について載せています

ホーム

ひどいつわりを乗り越える為の対策妊娠


ひどいつわりを乗り越える為の対策

妊娠中ひどいつわりで苦しんでいる妊婦の方はたくさんいます。


つわりがあると言うことは、赤ちゃんがおなかの中で元気に育っている証拠とよく言われますが、この言葉には根拠はありません。

いくら赤ちゃんが順調だとしても、乗り切るのは別問題ですよね。


また症状は人それぞれです。

乗り切る方法もいくつかあるので、ご自分にあった対処法を見つけてみてください。


食べ物を見ると気持ちが悪くなる場合には、無理をして食べなくても大丈夫です。

よくおなかの赤ちゃんの為に無理して食べている妊婦さんもいらっしゃいますが、妊娠初期の母胎の栄養は、胎児にはほとんど影響しないと言われています。

ですから無理をして食べて吐いてしまう方が、母胎には悪影響となります。

この場合食べられそうなものを食べ、サプリメントなどから栄養を摂った方がよく、特に葉酸を摂取するようにしましょう。


空腹を感じるとひどくなるので、朝起きたときなどにすぐに口にできるよう、枕元に軽食をおいておき、目が覚めたらすぐに口に入れるようにするのも一つの方法です。

これだけでもかなりすっきりできると思います。

また仕事をしている方は、つわりが落ち着くまでお休みする事も大切です。

忙しくてなかなか休みがとれない場合もあるかもしれませんが、朝の出勤時間を遅くしたり、勤務時間を短くするなどなるべく無理をしないようにすることが大切です。


この時期は、とにかく無理をしないことです。

多少家事は手を抜くなど、ストレスがたまらないように過ごすことがひどいつわりを軽減するのに役立ちます。


またホルモンバランスが崩れているときに、身体を冷やすと症状の悪化にも繋がります。

温かい飲み物を飲んだり、厚着をするなどして、身体を冷やさないようにしましょう。

夏場はついクーラーを付けてしまいがちですが、なるべく設定温度を低くせず、靴下を履いたりカーディガンを羽織るなどして、冷えすぎないように注意しましょう。


食べると気持ち悪くなる以外にも、空腹状態だとつわりがひどくなる場合もあります。

この場合には外出先などで気持ちが悪くなったときの対策として、ガムや飴を持ち歩くようにしましょう。

ただ糖質の摂りすぎには気を付けてください。


何度も吐いていると胃酸が多く出てしまう状態になってしまいます。

また胃酸が逆流しやすくなりさらに吐き気がひどくなることもあるので、その場合の対策として頭の位置を少しだけ高くし、横向きで膝を曲げた状態で眠るようにしましょう。

母胎に負担をかけずリラックスした状態で症状が軽減されるはずです。



つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、

メニュー

ページトップへ

メニュー


Copyright (c) 2014 つわりがひどい時の対処法007 All rights reserved.